冬がくる前に

11月30日。


10年過ぎて1日位の感覚、そんな仙人の
高原の暮しでは、今年もあと一か月などと
いうのは、さして問題にならない。


 今さら、冬が来る前になど、冬の真っただ
中に身を置いて、なおさらどうでもいいこと
だが、それでも心配になって「極寒対策」を
することに。



↓ 「-12℃」に耐えるには。


      羽毛布団を着せる

  CIMG3151.jpg


          去年の最低気温「-12℃」
          通常 -4~-7℃
          あくまで、温度計をみた限りでは。


          -9度くらいを超えると、
         「ウゥ!、これは チョッと!」となる。
          
          それでも、旭川動物園に比べれば屁の
          ツッパリだ。


  CIMG3150.jpg

          ポーランド産「合鴨の羽毛」を直輸入し
          国内で布団にしてもらう。

          
   ところがどうだ、作業開始したら気温上昇、
   6~7度ある。

   蜜蜂たちは、猛烈に怒って突進してくるでは
   ないか。 
   
   CIMG3152.jpg




・・・・・


        アタシは撃沈した。
        親の心子知らずとはこれか?。


    
    日本帝国海軍最後の砦「戦艦大和」も
    こうして、なすすべもなく撃沈されたのか?。  
     


       波間を漂よっていた戦友が脳裏に
       去来する?。・・・・・・
       




・・・・・





        そんな映画を観たのを思い出した。

          そして、日は暮れた。・・・・・。


スポンサーサイト
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト