スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜂ネタばかりですが?

蜂ネタばかりでは?、

と言いながら、また蜂ネタです。

デジカメを持って回ると、
写しはしますが、それで
どうこうと言うことは
考えるだけで、面倒ですので
あまりやってません。



↓ 巣板切り取り元群は?

  切り取り元群って何?。
CIMG5260.jpg

     6月にはこの上に1段18cmが
     ありました。
      いわゆる2年ものの
      いい蜂蜜でした。

      で、
      真ん中付近のグルグルとテープを
      撒いてるところが、巣板の切り取り
      部分です。

      いま、↓ のように
      回復してさらに継箱にまで成長して
      ます。
     

CIMG5257.jpg

      早い話が
      この部分を4回切り取って
      4回人口分割をしたということです。

      
CIMG5256.jpg

       人口分割の1回目と2回目は
       セオリー通り王台巣板を切り
       取りました?。


↓ 巣板の切り取り群

 3回目の人口分割群です
 
CIMG5249.jpg

     産卵1~3日の巣板を
     切り取って、分割した
     先攻群です。


CIMG5247.jpg

      いま
      12cmが、4段まで成長しました。

        

↓ 巣板切り取り後攻群

 4回目の人口分割群です
CIMG5254.jpg

      産卵1~3日の巣板を
      切り取って、分割した
      後攻群です。

      こちらの巣板切り取り時には
      雄蜂がいませんでしたので
      女王は先攻群にいた雄蜂と
      交尾していると推量されます。


CIMG5253.jpg


このあとも、後攻群の後攻を考えてましたが、
元群に雄蜂がおらず、周囲にも見当たりませんので
取りやめたところでした。


ということで、
元群は旧女王がそのまま健在という
ことです。

黄泉の国へお遊びになられるのは
いつかしら?。



↓ 「上桟式巣箱」

産卵1~3日巣板の切り取りによる
分割は「上桟式巣箱」で実施してます。

じょうさんしき

     なぜいいのか?。
     恐らくは、ビースペースや上桟間の
     距離、巣板の並びが適切になるからと
     考えています。



↓ 実験予備軍

A群
CIMG5263.jpg

     巣箱下部に上桟式巣箱を継いで
     準備は?。

CIMG5261.jpg


↓ 実験予備軍

 B群
CIMG5268.jpg

CIMG5264.jpg


上桟式巣箱の分割実験は継続して
実施する予定でしたが、当該蜂群にも
周囲の蜂群にも「雄蜂」の姿を
見かけません。

自然界には居るかもしれませんが、
かなり危険ですので、今年は
止めて、来春とせざるを得ないようです。


スポンサーサイト
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。