スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜂ネタのない日々?

いきなり、猛暑ですね。

天空の清和高原の気温。

CIMG6907.jpg

      外気温、31℃、
      標高700mでこれですから、0m地帯の
      気温はいかほどでしょうか?。

      恐らく、40℃近くまで上昇してるんでは
      ないでしょうか。

      と、言いつつもこれでは天空に住む意味が
      無いかも?。

暑くなり、日照りがつよくなると
急に元気良くなるのが、芝生です。

CIMG6930.jpg

         成長の遅れを取り戻さんばかりに
         いきなり伸びてきます。

         伸びればほっとくわけにもいかず、
         芝刈りをしないといけません。

見上げれば
上の方で、ビービーと聞こえてきます。

CIMG6935.jpg

CIMG6912.jpg

         さすがに、ビービーツリーの花です。
         一つの花房に、数匹が遊んでます。

CIMG6916.jpg

         ミツバチの他に、いろんな蜂や
         虫がきて、受粉をしてしまうのが
         もったいないところでしょうか。

         マルハナバチは特にいけませんね。
         せわしなく花から花へと飛びますので、
         時どき、網で掬ってやります。

CIMG6919.jpg

さて、
このビービーツリーの蜜蜂は
「みなしごハッチ」の仲間たちか?。

CIMG6925.jpg

         みなしごハッチA群 ↑

         一列に並んで旋風してましたが、
         フラッシュにびっくりしたようです。
         

          ↓ みなしごハッチB群
 
CIMG6926.jpg

 みなしごハッチ群には今少し頑張って
もらわないといけませんね。

秋には
巣枠への移し替えが待ってますから。

さて頑張ると言えば、
この季節になると話題になるのが
決まって、第2次世界大戦です。

日本はなぜ、戦争をおこし、敗戦を
迎えたのか、よかったか悪かったか、
どうでもよかったか?。

次の記事は知ってる人は知ってるが、
知らない人はほとんど知らない、
それは特別攻撃隊を組織して命令して、
命令した本人は戦後を生き抜いたお方の
お話である。 ↓

CIMG6938.jpg

       ズット気にはしてたが、積極的に
       知ろうとは思わなかったせいもある。

       本人は戦地には行かず、若者に
       特攻を命じて、戦後を知らぬ存ぜぬで
       生きてきた大将たちの物語。
       その精神構造やいかに?。

       今となってはどうでもいい話なのかな?。




       
スポンサーサイト
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。