スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天災か人災か

8月もお終いです。
晴天の日は、ほぼなくて、雨の連続でした。

あちこちで山の崩落、土石流が
発生しているようですね。

ドライブしていても、ところどころで
杉山が崩落しているのが見えます。
幸い、その下に人家もなくて被害は
無いようですが。

↓ 杉の根

CIMG7129.jpg

     杉の木を伐採して、
     その根は15~20年をかけて
     土に還る。


↓ 杉の苗

CIMG7121.jpg

      この畑、
      人参畑?
      ではなくて、全部「杉の苗」



↓  杉の苗はどうして作るか

    親木です。
CIMG7126.jpg

     親木の穂先を
      数センチ切り取り、

畑に挿し木をします ↓
めん棒ほどの穂先が
1年で30センチくらいに育ちます。

CIMG7122.jpg

    さて、
    ここで問題なのが
    挿し木の苗は「直根」が育たないことです。



元気よく育ってますが
挿し木が大きくなっただけですので
根が大きくなったというよりも
横枝のひげ根が横方向へ
延びただけです。↓

CIMG7124.jpg


↓ 挿し木の15年後

CIMG7128.jpg

    杉の挿し木
    15年ほどしますと、電信柱
    くらいに成長します。


↓ 挿し木山の崩落

土石流

      このような杉山の崩落は
      伐採後に挿し木苗を植林された
      ところと考えられます。

      前の木が伐採され、その根が
      腐り、あとの植林が15~20年
      経過した。
      そこへ、大雨。


さて、
これは、天災か?、人災か?。
地元の人間は知っているけど、
わざわざ、声に出しては言わない。
砂防ダムを作ってもらった方が
周囲の利益が一致する。


土石流の専門家も
「さまざまな複合要因が重なった。」。







スポンサーサイト
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。