地方創生はこうあるべきか?・・・・・?

家(うち)の裏山が、煙を
出してます。

CIMG7354.jpg

   きのうからだそうで、昨夜もだいぶ家が
   揺れたそうです。
   私はと言えば、
   噴火も地震も、まったく予知することも
   感じることもなく、ぐったり、いえぐっすりと
   寝てました。

    今朝、デッキに灰が積もってるのを
   見て、もう黄砂?。


そうか
阿蘇の噴火でしたか?

aso.jpg

    そう言えば、以前から近いうちに
    噴火するからと、火口周辺の立ち入りが
    禁止だったようでしたね。

     幸い??、風向きが東向きだったので
    こちらには降灰は少なかったようです。

    阿蘇山が噴火すると、周辺の温泉の
    温度が3度上がり、湯量も一段と増える
    そうですから、まんざらでもないんですね。
    
    野菜農家さんはつらいそうですが。??。

    そいえば、
    噴火や地震があると、必ず、
    「わたしは予知していた。」というお方が
    いますね。

    たいてい、起きた翌日に「実は、私は
    予知していた。」と言いますけどね。


     「アホノミクス」・・・・・私は5分さきを
    予知したい・・・・・・・。???????。
                  トホホ・・・・??。


↓ こちら
  荒瀬ダムの撤去です

CIMG7340.jpg

    ダムと言っても、
    堰を少し大きくしたレベルですね。

     ダム本体は背は低いようですが、
    あの球磨川ですから、川幅はそうとう
    あります。    

CIMG7347.jpg

     ひょっとすると、ダムを作った当時は
     かなり高かった、数十年間の土砂が
     積もりに積もって、ダムの背が低く
     なったのかなあ?。

      なにしろ、土砂の撤去に5年間、
     50~100億円かかるそうですから?。


↓ なぜ
   地方創生か?

CIMG7348.jpg

    地方創生とは何か?。

    早い話、地方に金をまわせと言うことらしい。

    だったら、早い話が、
    このダムを壊して ↑


↓ このダムの上にも
     このダムの下に

CIMG7349.jpg

      ごらんのとおり、
     巨大な水瓶、堰、ダムが
     ウジャウジャあります。

      誰も清流をとり戻して、昔の綺麗な
     川に戻してなんて、おもってもいません。

     もはや、鮎もウナギも住めない川に
     成り果ててますから、昔には戻れません。
    
     ペンキを流したようなドス青い川では、
     鮎もウナギも住みたくないそうです。
     

↓ 地方創生

   このお方、

石破さん

   地方は知恵を出しなさい!

    地方に知恵がないなら、中央の役所から
   若手を送り込むとか、
   金は欲しい分、いくらでも出すとか、

    わけのわからん、ノイローゼ気味のこと
    言ってましたね。
    

↓ さあ、
   地方創生です

CIMG7342.jpg

   ダム、堰、水瓶を取っ払いましょう!。

   1つのダムに5年間
   1つのダムに1000億円

   あまりに多くて、計算できません。
   
   しかも
   おまけがあります。
   鮎もウナギもドンコも戻ってくるんです。

   清流も戻り、子供たちもキット川に
   戻って来るでしょう。

               えっ、・・・・もう遅かった?。

                子供作る女性がいない。
                    アッチャー!!。





        
              
スポンサーサイト
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト