巣枠の巣礎は?

前ページにつづきます。


巣枠式の場合、「巣礎はどうするの」?
という、お問い合わせがあります。

ただ、
過去の写真は順に整理をしてなくて、というよりも
行き当たりばったりで、
保管場所が、オーナーだったり、マイピクチャー
だったりで必要なものがその時に見つかりません。


見つかった分を ↓に。


↓ 全面巣礎

CIMG4789.jpg

   購入した巣礎は45cm?位ありますから、自分の
  巣枠に合わせて、切り取ります。



全面巣礎への造巣 ↓

CIMG4185.jpg

   現在、養蜂具屋さんで販売されている「巣礎」は
   ほとんどが西洋蜜蜂の蜜蝋を主原料に作成
   されているようです。

   もっとも、蜜蜂はプラスチックの巣脾でも
   利用して生きていきますから、問題としないん
   でしょうか?。

    このことなどから、「西洋蜜蜂用の巣礎」でも
    日本蜜蜂用の巣礎でも巣房の大きさも問題としない
    ようです。

     日本蜜蜂用の巣礎は房が0.1mm~0.2mm
     小さいはずですが、日本蜜蜂はそんなことには
     お構いなしに巣作りします。


↓ 10mm巣礎ガイド

CIMG4183.jpg


      巣枠の上部に10mmの巣礎を付けてます。

      このような時は、特に「巣礎」でなくても
      巣板作りのガイドとして、
      板でも(厚くても、薄くてもよい。)巣板を
      作っていきます。
      蜜蝋で止めておきます。



↓ 巣枠幅の3分の1の巣礎

CIMG4189.jpg

     巣枠3分の1、75mmの巣礎を張ってます。


初夏の頃、ミツバチは巣礎を入れてやると
一気に巣脾(巣板)を作っていきます。

盛夏から夏を過ぎていく頃になると、
なぜか?、巣礎を嫌って巣板作りを
しなくなる蜜蜂を見かけるようになります。




巣枠に蜜蜂を定着させるには・・・・・・・
どうするか?。


色々と工夫してみるのも
また、楽しからずや????。・・・・・



春近き・・・・・・・・・・・・・・陽の光にも春の気配もかすかに・・・!!!!!。







スポンサーサイト
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト