スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの太陽がいっぱいです

6月28日、日曜です。

久し振りというか、6月も最後になって、
ようやくお日様の顔を見たようです。


↓ 雨、曇りに弱い「野芝」 

CIMG7550.jpg

 野芝を元気にしようと、鶏糞牛糞を
 撒いておいたんだが。

  太陽が全く顔を見せませんでした。
  
  元気のいいのは「チドメ草」ばかりです ↓。


CIMG7551.jpg

    野芝は、お日様が顔を見せないと
   まったく伸びませんね。

    ガンガン日照りですと、コンクりートの上でも
    伸びていくんだが。


↓ ケヤキの伐採

 時の流れに身をまかせていると
 ケヤキはぐんぐん伸びていく。

CIMG7547.jpg

 5月になると日陰が恋しくなり、
蔓もの野菜を植えたり、
よしずでわざわざ日陰を作ったりが
これまでだったような気がしますが、最近は
まったくそんなことはないようです。

  5月、6月の爽やかな初夏が
  まったくなくなり、完全な「東南アジア型
  雨季」ですね。

CIMG7545.jpg

  日陰を作るために植えてきた
 ケヤキですが、大きくなってくると
 間引かないといけません。
  まして、日陰の必要がないとなれば。

 これ以上大きくなると
 家が覆われてしまいそうです。

CIMG7548.jpg



↓ 外回りの山茶花も倒しておこう

CIMG7553.jpg


 生垣で植えていたが
 覆われてしまって、手入れに
 手が回らない。

 手が回らないのは
 樹の下回りの草刈りなのだが。


CIMG7552.jpg

↓ 樫の生垣も面倒だ

  剪定というほどには
  丁寧にやってられない。


CIMG7558.jpg



CIMG7559.jpg

  枝打ちチェンソーで
  ちょん切っていくと言うのが
  正解だ。

CIMG7560.jpg


↓ この際余分な庭木も


CIMG7554.jpg

 蜜源樹が大きくなって
 余分な木も倒しておこう。

   モミジ:
   庭に1本ある頃は
   枝ぶりよく剪定しておこうとかも
   したが、もはや無用か?。


CIMG7556.jpg

    久しぶりの天気で
     つかれてしまった・・・・あ~あ。




 さて、
もはや無用かと言えば
「ギリシャ問題」でしょうか。

民主主義の発祥国とか
教えてもらった気もしますが
資本主義国か社会主義国か
不明の中途半端な国のようです。
どのみちだれも責任を取らないのが
世の常のようです。

あしたからどうなるんでしょう?。
アホノミクス東京市場にどんな影響が?。・・・・・・?。








スポンサーサイト
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。