スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欅という木は、割れない木と書くのね?

 欅という字は、割れない木と
書くんではなかったかとおもうほど?。

CIMG8852.jpg


 欅を倒したので、割って薪にしようと
したが、素直には割れそうにない。


 もっとも欅は燃やしても
熱量が少ないのか、燃えがよろしくない。

 ぼそぼそと燃えて、それでおしまい。
薪には適材とはならない。


CIMG8853.jpg

↓ 欅をなぜ倒すのかっていえば

 最近、初夏の気候がよろしくないようだ。
欅の葉が綺麗にならないのだ。

 初々しくきれいな若葉がでるころ、
遅霜が有って、縮れて変形が
あったり、

 そのあと、急な気温上昇で虫が大量発生したり
で若葉がきれいにそろわない。



CIMG8845.jpg

 二つ目は大きくなって、家に接近、寄り添うように
なったら困る。

 それを見込んで、枝打ちをしてきたが、
木そのものが大きくなってきて、
やがて素人の手に負えなくなるだろう。




CIMG8844.jpg

 さて、
せーので一度に倒すと、
倒れ方を間違えると、とんでもない
被害がでそう。


CIMG8847.jpg

 そこで、
梯子を昇って、枝先から少しづつ落としていく。
枝を3分の2切って、タラントたらして真下に
落ちるようにする。
これが意外と難しくめんどうだ。


 あと2本
この冬中には
片づけたいが。


CIMG8848.jpg


 それにしても、
地球の回転はますます早くなりました。

 一夜明けると、世界がすっかり変わってる
ことが当たり前になったようです。







スポンサーサイト
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。