スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣枠群の越冬は?

アホノミクス生活にはまり込んで
スローフォックスもすっかりご無沙汰の
この秋でしたが、高原はすでにストーブ
の季節でした。

生活リズムが狂いましたかね。
さあ、正常に戻れますか?。


寒風の中、しっかりお留守番をしているのは
↓ 哲ちゃんではありませんか?

CIMG5355.jpg


   「おーい、哲」
    呼んでもうるさいな、という顔を
    してますね。

ズームイン
CIMG5363.jpg

     散歩に行くか?、
     「お好きに?」。



↓ 蜜蜂「巣枠群」はどうしてる

巣枠4段にしたけど3,4段目の巣作りを
放棄したんで、3段に落とし、さらに2段
から再出発させていたんが、どうしてる?

CIMG5333.jpg


上の段から

tasizann.png


順不同、裏も表も。
かなり、育児圏があるようです。
越冬蜂になるか?

無題


↓ 貯蜜枠は?

CIMG5345.jpg

CIMG5342.jpg

CIMG5344.jpg

     貯蜜枠、完全なのは2枚くらい
     のようです。


↓ 下段はどうしてる?

CIMG5348.jpg

CIMG5350.jpg

CIMG5354.jpg

巣箱の中を覗いて見るが、
以下同文?ですね。

CIMG5353.jpg



巣枠群、お譲りしたり差し上げたりで、
越冬群はこの1群となった。

この夏は近くのイヌザンショウ、カラスザンショウなどが
裏年で、蜜源が少なくて巣作りが芳しくなかった。
こんな年は
早めに手持ち群数を減らして蜂群の維持に努めたほうが
いいようだ。

自宅庭の場合は特に。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

越冬準備

こんにちは。

久しぶりの哲くん。姫ちゃんもお元気ですか?
ストーブ始動と言うことで、柴犬チームも越冬準備で
冬毛でムクムクしてきて、ガマ穂をびっちりと固めてくる
ことでしょうね。

四段巣枠群は二段に養生されていましたか。
持ち箱の数も併せて、蜜源の重要性は大きいですね。
結局のところ、保険でもう1つぐらいと思いつつも、自宅の
庭では2つぐらいの管理が、手が届きやすく、生業でも
ないので、午前・午後のどちらかに楽しんで遊び、可愛さを
感じて、心を癒すにもちょうどいいです。

こちらは三段まで積んでいる最中ですが、昨日、見たところ
最上段は全巣枠が貯蜜圏と蓋がけとなっていました。
貯蜜の色の濃い部分と薄い部分や粘土でも、夏前~夏の蜜源。
夏以降のアレチウリ~最近のセイタカまで様子がわかりますね。

二段目に一枚だけ入れてあった全面巣礎張りのも全面盛り上げて
蜜を入れ始めていて、上部に貯蜜・花粉・育児圏をなっていて、
一段目は三枚まで造巣をやっていましたが、残りの月数でどこまで
できるか・・・。
まさにこれがやりたかった!みたいで、とても嬉しいです。

まだ、今年の分蜂後に採蜜した蜂蜜も充分ありますし、セイタカの
匂いも強いので、三段目の貯蜜圏を積んだままで越冬させて、
また来春以降に採蜜してみようと思います。

ようやく、メッサーシュミットの飛来も落ち着いたようです。
焼酎が1本分できましたが、さて飲む勇気が・・・。

Re: 越冬準備

> こんにちは。
>
> 久しぶりの哲くん。姫ちゃんもお元気ですか?
> ストーブ始動と言うことで、柴犬チームも越冬準備で
> 冬毛でムクムクしてきて、ガマ穂をびっちりと固めてくる
> ことでしょうね。
>
> 四段巣枠群は二段に養生されていましたか。
> 持ち箱の数も併せて、蜜源の重要性は大きいですね。
> 結局のところ、保険でもう1つぐらいと思いつつも、自宅の
> 庭では2つぐらいの管理が、手が届きやすく、生業でも
> ないので、午前・午後のどちらかに楽しんで遊び、可愛さを
> 感じて、心を癒すにもちょうどいいです。


2群が正解ですね。
4群いましたが、どれも成長しません。去年は夏、イヌザンショウがありましたが、今年は
裏年で咲きませんでした。咲く時期がずれるようで気付いたときは間に合わないとか?。
蜜源のある年、ない年の見極めが難しい、巣の成長に合わせて。

結局年中お花畑が欲しくなるけど、それは無理とか?。


> こちらは三段まで積んでいる最中ですが、昨日、見たところ
> 最上段は全巣枠が貯蜜圏と蓋がけとなっていました。
> 貯蜜の色の濃い部分と薄い部分や粘土でも、夏前~夏の蜜源。
> 夏以降のアレチウリ~最近のセイタカまで様子がわかりますね。


3段目貯蜜になりましたか。目標達成ですね。


> 二段目に一枚だけ入れてあった全面巣礎張りのも全面盛り上げて
> 蜜を入れ始めていて、上部に貯蜜・花粉・育児圏をなっていて、
> 一段目は三枚まで造巣をやっていましたが、残りの月数でどこまで
> できるか・・・。
> まさにこれがやりたかった!みたいで、とても嬉しいです。


「そうか、そうなんだ!、これがミツバチなんだ!。」が全過程、OK牧場でしょうか?。


> まだ、今年の分蜂後に採蜜した蜂蜜も充分ありますし、セイタカの
> 匂いも強いので、三段目の貯蜜圏を積んだままで越冬させて、
> また来春以降に採蜜してみようと思います。
>
> ようやく、メッサーシュミットの飛来も落ち着いたようです。
> 焼酎が1本分できましたが、さて飲む勇気が・・・。

焼酎を作ってましたか?。美味しいと聞きますが、ちなみに私は飲んだことがありません。
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。