スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガマの穂の季節

ガマの穂が実る季節になりました。

毎年ですが、我が家の季語ですから。

↓ お見事

CIMG6080.jpg

       「哲」
       2日くらいで、入れ替わって
       しまいます。

        触っただけで落ちます。


CIMG6083.jpg


↓ 蜜蜂も一斉に

CIMG6090.jpg

     梅に集合です。

     寒の戻りが厳しく
     やっと、6分くらい咲いたようです。

     蜜蜂さん
     うれしくてたまらないんでしょうか。
     羽音がいつもと違います。


CIMG6091.jpg


↓ 3年女王群も

CIMG6098.jpg


         越冬蜂も
         アッと言う間もなく
         新しく入れ替わったようです。


         4日前と違うのが、目で見て
         分かります。

              4日前 ↓

CIMG6075.jpg

            3年女王、トウトウ越冬して
            しまいました。

            昨年の6月以降は、周辺にも
            雄蜂がいませんでしたので、
            交替していることは、考えられませんから。

            

季節(とき)は春です。
野山を歩いてみましょうか?。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

哲くん

柴とみつばちさま、こんばんは。

春を呼ぶ哲くんのガマの穂、ふわふわとやわらかそうです。
梅も咲き、蜜蜂さんたちも喜び、清和の里はまさに春爛漫といったところでしょうか。

3年女王、いやぁすばらしいですね。

Re: 哲くん

> 柴とみつばちさま、こんばんは。

おはようございます。


> 春を呼ぶ哲くんのガマの穂、ふわふわとやわらかそうです。

毎年のことです、2回くらい繰り返して、夏毛になるようですね。
哲は柴でない血統がいってるようです。
姫と全然違います。

> 梅も咲き、蜜蜂さんたちも喜び、清和の里はまさに春爛漫といったところでしょうか。

春ですよ、あっという間に過ぎていきます。
アタシも青春があっという間に過ぎていきそう!。

> 3年女王、いやぁすばらしいですね。

よく頑張りました!。
よく遊んでくれます。

No title

>ガマの穂が実る季節になりました。

あははは~ ばかばかしい!
清和高原も春ですね。
うれしい羽音が聞こえてくるようです^^
3年熟女、頑張ってますね。
この勢いだと3分割いけますか?

Re: No title



> >ガマの穂が実る季節になりました。
>
> あははは~ ばかばかしい!

哲もよく知ってます。
♪ばかばかしいひとときが好き♪


> 清和高原も春ですね。
> うれしい羽音が聞こえてくるようです^^

イキナリ夏日です。
熊本名物は「イキナリ団子」です。
ミツバチ、団子を運んでます。

> 3年熟女、頑張ってますね。

酸いも甘いも、前から後ろからも知り尽くしてます?。

> この勢いだと3分割いけますか?


「0」か「?」。
死ぬまで、産卵巣板を切りまくろうと思ってます。
さて、?。

春ですね

こんにちは。

哲くん。今年はまた見事なガマ穂で(笑)
頬のガマ穂も破裂して顔まで大きく。

暑さ寒さも彼岸まで・・・。
3年女王群もここ数日の暖かさで新蜂が出てきて、本当に
気温と季節に正直なものですね。
上桟式シリーズが始まってから、重箱の中の観察もお見事
としか言いようがなく、私もまたこれを見てみたい・・・。

一年でも早く健全な蜜蜂達復活のため、伝染病感染蜂の
春の拡散を少しでも防ぐべく、涙を飲んで巣門を閉じ、
昨日、残された貯蜜の採蜜をしました。

糖度84にもなっていて、この数値は初めてのことです。
ベッコウ飴色の濃厚な蜂蜜が2kgほど採蜜できました。
一年間、暑さ寒さスズメバチと一緒になって生活してきた
蜜蜂達の何ともやりきれない気持ちにもなりました・・・。

感染蜜蜂の蜂蜜が食して良いか悪いかはわかりませんが、
蜜蜂達の苦労を無駄にせずに加熱していただこうと思います。
給餌用や蜜蜂の誘導には新たな感染の危険の原因になると
思うので、ご法度ですね。

健全群がやってくるかはわかりませんが、空箱を置いて
今年も待ってみます。
春はいいですね。当地はサクランボの花が桜よりひと足先に
開花中で、ときめきます。

Re: 春ですね

> こんにちは。

こんばんは


> 哲くん。今年はまた見事なガマ穂で(笑)
> 頬のガマ穂も破裂して顔まで大きく。

年中行事です。



> 暑さ寒さも彼岸まで・・・。
> 3年女王群もここ数日の暖かさで新蜂が出てきて、本当に
> 気温と季節に正直なものですね。
> 上桟式シリーズが始まってから、重箱の中の観察もお見事
> としか言いようがなく、私もまたこれを見てみたい・・・。

重箱で持ってる人には
ミツバチの生活に興味がない人が多いので、何のことか
わからないみたいです。


> 一年でも早く健全な蜜蜂達復活のため、伝染病感染蜂の
> 春の拡散を少しでも防ぐべく、涙を飲んで巣門を閉じ、
> 昨日、残された貯蜜の採蜜をしました。
>
> 糖度84にもなっていて、この数値は初めてのことです。
> ベッコウ飴色の濃厚な蜂蜜が2kgほど採蜜できました。
> 一年間、暑さ寒さスズメバチと一緒になって生活してきた
> 蜜蜂達の何ともやりきれない気持ちにもなりました・・・。
>
> 感染蜜蜂の蜂蜜が食して良いか悪いかはわかりませんが、
> 蜜蜂達の苦労を無駄にせずに加熱していただこうと思います。

アカリンはもともと西洋につくものですから、蜜には影響ないようです。
でも気持ちの問題で低温殺菌がいいのではと。


> 給餌用や蜜蜂の誘導には新たな感染の危険の原因になると
> 思うので、ご法度ですね。

生き物から生き物へ、また、空気感染もないとは限りませんから。


> 健全群がやってくるかはわかりませんが、空箱を置いて
> 今年も待ってみます。
> 春はいいですね。当地はサクランボの花が桜よりひと足先に
> 開花中で、ときめきます。

耐性群がきっといると思います。


今年もいきなり夏でしょうか。
そう言えば、去年は5~6月は雨でしたか。そして猛暑。

No title

私、頓珍漢な場所にコメントを入れてしまいました。
ブログを開くと過去の日日が開きます。最新の記事にクリックしないまま過去の場面を読み直していてコメントを書き込んでしまいました。
申し訳ありません。

Re: No title

> 私、頓珍漢な場所にコメントを入れてしまいました。
> ブログを開くと過去の日日が開きます。最新の記事にクリックしないまま過去の場面を読み直していてコメントを書き込んでしまいました。
> 申し訳ありません。


了解です。
いよかんさん巣箱に横さんがイッパイで、巣板切り取りが小さくなって、巣枠に取り付けられないなら、
上桟式にしてみては。上桟式だと小さくても4~5個付けられますから。

そして、2回目に巣枠にするなどの方法もできます。

上桟式・・・巣枠箱に巣枠の代わりに上桟にするだけ。7枚です。
ブログに写真あります。

今でしょう

心配なのは巣箱を倒して王台を見つけるときに、巣落ちしないか心配でしたが、イヨカンさんの巣箱は大丈夫だと思います。移植を
頂いた貴重な巣箱の枠式にするか、上棧式にするか、内見をしてから考えます。ご指導よろしく。

Re: 今でしょう

> 心配なのは巣箱を倒して王台を見つけるときに、巣落ちしないか心配でしたが、イヨカンさんの巣箱は大丈夫だと思います。移植を
> 頂いた貴重な巣箱の枠式にするか、上棧式にするか、内見をしてから考えます。ご指導よろしく。


これから新しい巣板が作られ、柔らかくなるので、巣箱はなるべく倒さないよう
にする方法を。巣板が柔らかい時に倒すと、女王を傷つける危険があります。
今の箱の下に高さ15~18cmの箱で継箱枠を作ります。左右か、横と前どちらかが板を外れるようにしておきます。
板を外して、横からみる、ストローで巣板の一番下に息をかけて、蜂を上に追って、王台をチェックします。
外した板から手を入れて巣板が切り取れるように。
ブログの写真で、6月の処に横を外してるのがあります。

甘い息をそっと吹きかける

了解です。一番下に窓がある継ぎを設置するのですね。
以前のブログに確かにありましたね。
同じサイズの箱を早速作ります。「飾り窓の00」ですね。
時々ご機嫌を伺うのによろしいかと思います。ストロー
で甘い息を首筋に吹きかけるのも高級テクニックですなー。
遊び人のテクニックは奥がふかいですね。
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。