スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上桟式巣箱での分割準備を急がなくっちゃ!

STAP細胞でもなく、iPS細胞でも
なく、きわめて単純な、巣板切り取りに
よる、上桟式巣箱による蜂群分割の準備を
いそがねば。


↓ 上桟式のチェック

上桟無題

        上桟は何枚がいいか。

             正解は何枚でもいい!。
              今回は7枚としよう。


             巣板間隔、33mmは
             しっかり守ろう。



        釘止めがいいか、細棒がいいか?。


             正解はどっちでもいい。
             好きな方でいいのだ。

釘は抜き差し自由に。


jyousann 3

        切り取り巣板を留める方法は?。

             針金
             輪ゴムがいい。

             なぜ、いいのかと云うほどもないが
             便利で、作業の早く出来るのがいい。


何段準備すれば?。


CIMG6276.jpg

         時の流れに身をまかせよう。


↓ 蜂群のチェック

実験群・A群

CIMG6257.jpg

       蜂数は増えたが、巣板の伸びが
       18cm足りない?。

       箱のサイドをばらすことになるのか?。


実験群・B群

CIMG6259.jpg

       切り取りの窓口枠までは
       伸びたようだ。

         ピンボケで、わかりにくいが
         上部中央にいるのが女王なら
         王碗の位置に産卵に来ている
         ところだが?。

          指折り数えて15日か?。



卵から女王育成の先攻群

CIMG6261.jpg


         切り取り窓口までぎりぎりの
         ところか?。
 
          現状のままなら、箱サイドの
          バラしか?。

卵から育成の後攻群

CIMG6265.jpg

     
         1段分足りそうにない。

           うーん!!!。
       


↓ 底板を夏用にしておく。

朝の気温が、0℃を上回るようになったみたいなので
夏用に交換。

soko.png


        5~6mmのものに変えておく。
        4面開放型。




光陰矢のごとし・・・
めくるめく1年、過ぎ行くことの速さよ。

またまた、イタラナイお遊びをする季節です。


さて、・・・・・・・・・。・・・・・。・・?。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いよいよですか。王代を確認しての分割ですかそれとも産卵直後の巣板切り取りですか。いずれにせよ箱を分解してまでの切り取り法。
かたずを飲んで見守ります。白い巨塔の手術場面を思い浮かべます。
私、師匠の何度もの教えを実行したいのですが、重箱の板を外すとか
巣を切り取るなどに挑戦する度胸ができません。自然分封を待っていますが師匠のブログを見て決心するかも。
お近くだと実際に手ほどきを受けることができるのに。残念。

Re: No title

> いよいよですか。王代を確認しての分割ですかそれとも産卵直後の巣板切り取りですか。いずれにせよ箱を分解してまでの切り取り法。



こんにちは。

蜂群過多症候群になりそうです。
最初はほっといても、王台を作りますので、それを使います。

日本蜜蜂は、その位置では2~3群が適正数です。


> かたずを飲んで見守ります。

かたずをのむほどのこともないんです。
ただ、切って付けるだけです。

>白い巨塔の手術場面を思い浮かべます。
> 私、師匠の何度もの教えを実行したいのですが、重箱の板を外すとか
> 巣を切り取るなどに挑戦する度胸ができません。自然分封を待っていますが師匠のブログを見て決心するかも。>


思い切ってやってみてください。
やってしまえば簡単です。
何度もやってると途中であほらしくなりますけど。


> お近くだと実際に手ほどきを受けることができるのに。残念。

一人だと、写真が撮れないんで。出来るだけ撮るようにしときます。

蜜がくっ付いて、シャッターが動かなくなります。

小保方さんと一緒です。
証拠写真をだせば、話は簡単ですが、小保方さん、写真がないのかフシギです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。