FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運不運ツキがあるツキがないは・・・・?

サッカー
なでしこジャパン。
延長時分も残り数十秒というところで、
なんとオウンゴール。

↓ こんなことってあるんだなあ

CIMG7598.jpg

こういうことって、
 神の見えざる手が働くんでしょうか?。

  いえいえ
  けっしてそんなことはない。
  実力のうち?。


sakka-.jpg


↓ ギリシャ問題と
  アホノミクス


gkt.png

   ギリシャショックか。
   
   財政破たんが、どのように
   世界の市場に負の連鎖を
   拡大させるかと、
   さもアリナンの解説も多かったが。

   して、
   今週の市場が終わってみると?。


↓ JA新会長

CIMG7600.jpg

  組織の盛衰。

   日本の農業ではなく、農家を
   束ねてきた巨大集団。

   いまや、国会議員何人を送り出してましたかね。

   さて
   新組織はどういう風になって
   いくんでしょう。



↓ 周りが樹木に囲まれたら

CIMG7564.jpg


 切られる樹
  
CIMG7572.jpg
 
    少しわかりにくい。↑

    視線をずらすと。 ↓

       空間が出来ました。

       残る樹、切られる樹?。
     
CIMG7573.jpg


↓  蜂児出しはなぜ起きる?

   越冬蜂児出し群
   いまや成長が止まったようです。


CIMG7529.jpg

   昨秋巣箱を入れ替え、手当して、
   この春は元気よく盛り返してきたんですが、
   無駄な努力だったかも。

   蜂児出しが、連続して発生せずに
   点で起きて来るのかが不明です。

   蜜蜂の感染症ならば、連続して
   感染しそうだが。

   隣は元気なのが、これも不思議です。




さて
運不運、ツキがあるツキがないは
誰がどのように決めているのか。


神の見えざる手と言ってしまっていいのか?、
はたまた・・・・・・・?。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追加です。・・・・・・・・・・・・・7月5日
      (7・4のお話)


これで、「蜂児出し」が治まったそうです。
    ↓
  
ゲル

ウイルスガード、空中除菌剤と云うんでしょうか。

私のこれまでの認識では、
塩素系の消毒剤は、化学兵器として使用、
プールの清掃に使用などのイメージでしたので
生き物の殺菌徐菌には危険ではと?。

・アサド政府軍が大量殺戮に兵器と
 して使用した疑い?。

・プールの清掃中に従業員が倒れて
 救急車で搬送される?。
 などなど。

塩素系ガスの吸入を続けて、生き物が
いけていけるのか、がよく理解できません。


情報が欲しいところですね。

これまで、
「ウイルスガード」など塩素系殺菌剤を
利用されてこられた方がおられましたら、
結果はどうだったんでしょうか?。


わたしの使用してきたもの。

改善したケース
・桧の葉
・ヤクルトなど乳酸飲料を砂糖で溶く
・蜜蜂かっせいくん
・ビーキープ(洋蜂用)
・花粉資料+乳酸菌

失敗と思われるケース
・巣箱の蜜蜂を網ネットに納め天日干し
・電解水
・強酸性水
  を巣脾へ噴霧
・砂糖を強酸性水で溶いて与える
  一週間で逃去したのではっきりしないが。
  


さて、
この問題はどうする?・・・・・・。?。。。。。。?。。。。。?








           
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

株価暴落。巣枠群ひと箱消滅。先を見て行動する感性が必要。

赤リンダにやられた箱を遠方に持っていく予定だったが
結局元のままにしてある。よたよたと地面を歩く死出の旅症候群
は変わりなし。
内見したところスムシにやられていた。雄蜂の真っ黒けだけ。
蜜だけを残して巣をきれいにした。200匹ぐらいがうろうろ。
約1か月ほどになるが、時々通っている。
健気。花粉運びは皆無。
いつまで生き延びるか暖かく見守るつもり。
他の箱が赤リンダに感染しても自然のなせる業とします。
梅雨。山アジサイがきれいです。

Re: No title

信くまさん


> 株価暴落。巣枠群ひと箱消滅。先を見て行動する感性が必要。
>

動乱に活路有り。
650下げて元に戻って折り返し250上げる。ここに男の生きる道。


> 赤リンダにやられた箱を遠方に持っていく予定だったが
> 結局元のままにしてある。よたよたと地面を歩く死出の旅症候群
> は変わりなし。


月形村にもアカリンが来ましたか。
蜜蜂保存会のベテランがたくさんいると思いますよ。
治療に詳しい蜂の匠が。



> 内見したところスムシにやられていた。雄蜂の真っ黒けだけ。
> 蜜だけを残して巣をきれいにした。200匹ぐらいがうろうろ。
> 約1か月ほどになるが、時々通っている。
> 健気。花粉運びは皆無。
> いつまで生き延びるか暖かく見守るつもり。



> 他の箱が赤リンダに感染しても自然のなせる業とします。

メントールを入れてやったほうがいいんでは。
次々と感染していく???。


九州もアカリンがやって来ました。
佐賀、長崎県境付近にたくさんいるらしい。
ほっとくと、全域にきますね。



> 梅雨。山アジサイがきれいです。

山アジサイ、「小さく可憐な花」??。


プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。