スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花も嵐に踏み倒されて

CIMG7746.jpg

 きのうは
 午後の3時過ぎからでした。

 一瞬、雷鳴とどろき、土砂降り状態に。

 雨、風、雷3拍子揃って、にぎやかでした。

CIMG7755.jpg


  ビービーツリー
 かわいそうに、しこたま雨に打たれて
 ひれ伏してます。

CIMG7754.jpg

  突風にあおられて、
  枝も折れそうです。

CIMG7753.jpg


  自然には勝てません。

  ユックリと枝を持ち上げて
  来年に備えて、養生する以外になさそうです。


↓ カラスザンショウはどうなった?

CIMG7752.jpg

  やれやれですね。

  頂上付近に数十個の花芽[房)が
 ついてるんですが、どうやら無事のようです。


CIMG7751.jpg

  これからの開花を楽しみにしてます。



蜂児出し分蜂群
やはり今朝も蜂児出されてますね。
きのうも4~5匹でした。


今回のだされた蜂児は、まだ生きてますね。↓

CIMG7756.jpg

   生きてる。
   これは何を意味するのか?。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
かなり前から、色々な蜜原樹を植えてこられて・・ それらが開花期を向えたようですね。
木によって違うと思いますが、植えてから花が咲くまで何年くらいかかるものなんでしょうか。

Re: No title

こんばんは。


> こんにちは。
> かなり前から、色々な蜜原樹を植えてこられて・・ それらが開花期を向えたようですね。
> 木によって違うと思いますが、植えてから花が咲くまで何年くらいかかるものなんでしょうか。

当地は野芝だけの庭で芝刈りばかりしてましたが、周辺がクヌギと杉桧だらけと気づきました。
山小屋を作って16年ですが、杉桧は植えられたばかりのころで、そこ頃お亡くなりになられる方が、直前に休耕地に植えるということが流行ったようです。
クヌギ林はいけません、なかは熊笹ばかりです。

いまとなっては、こんなはずではなかったと。
当時は週末利用でしたから、あまり気にしないようにしてましたけど。

わけあって、こちらに住むようになってから、植えてきました。

ビービーツリー
7年前から植え始めました。
4年目に花芽が付いたようです。
4年目・・・花芽2~3個
5年目・・・5~6個
6年目・・・ 枝にかなり付きます
7年目・・・すべての枝に満開です。。

現在15~6本あります。 半分は挿し木です。
挿し木苗はあとで気付いたんですが、花の咲いてる枝が、速く花が付くみたいです。
な~んでかわかりませんが。


カラスザンショウ
4年前の秋に30cmポット苗を植えました。
4年を迎える前の夏、つまり3年半で咲きました。

余生を気にして、早く成長させるため、
植える穴を7~80cm堀り、中に鶏糞牛糞20kg袋を3~4個打ちこみ、富士山型に土を盛り上げて
30cmポット苗を植えてみましたところ、ぐんぐん成長して、10数mになってしまいました。
3本植えて、あと1本、山で拾ってきたのを植えてますが、これは自然にほってあります。
成長はまだ3~5分の1くらいで、肥料をやったのとやらないでは雲泥の差ですね。



ケンポナシ
カラスザンショウ同様に4年目の今年、たくさんの花芽を付けましたが、開花はあまりありませんでした。
こちらも鶏糞牛糞を打ちこんで植えて、さらに下枝を選定していったところ、電信柱よりも成長してしまいました。
5本植えて3本は20年杉を追い越しそうです。

自然木は植える前に、土壌を養生しておくと、3倍のスピードで成長するようですが、
倒木しないように添え木を頑丈にしないといけませんし、強風で枝が折れます。


15~20年前には、自然林ばかりと思っていたところが、
いまや遅し、杉桧ばかりです。
植えた本人はすでにいませんので、荒れ放題です。

農地、牧草地に里山風の木を植えると農地課税のままなので、山にするために杉桧を植えてきたようですね。
その結果が山は荒れ放題、イノシシ、鹿の大繁殖で、家の周りまで運動場よろしく走り回ってるようです。
もはや手遅れでしょうか。?

No title

大変、参考になりました。
ぼやけていた ピントが合った感じです。
カラスザンショウとかケンポナシといった野生の樹木は他の木との採光競争が激しいですから、自然界でも成長が早いのでしょうね。
そこに、肥料等をあたえて条件をよくしてやるとぐんぐん伸びるというのは分るような気がします。
しかし、4年で電柱よりも高くなったというのは驚きです。

ビービーツリーをこれから植えるのですが、歳のことを考えると気持ちが萎えてしまいます。
後50年頑張るぞ・・・ というくらいのヤケクソで行った方がいいかも知れませんね。

こちら、今のところ鹿は居ませんがイノシシはすごいです。
一番いやなのがMMです・・・ マムシとマダニ・・・^^;



Re: No title

いよかんさん、こんばんは。


> 大変、参考になりました。
> ぼやけていた ピントが合った感じです。
> カラスザンショウとかケンポナシといった野生の樹木は他の木との採光競争が激しいですから、自然界でも成長が早いのでしょうね。
> そこに、肥料等をあたえて条件をよくしてやるとぐんぐん伸びるというのは分るような気がします。
> しかし、4年で電柱よりも高くなったというのは驚きです。
>

木の下を軽トラで通行するため、最初から下枝を落としました。
そこに肥料が効いたんでしょうか。



> ビービーツリーをこれから植えるのですが、歳のことを考えると気持ちが萎えてしまいます。
> 後50年頑張るぞ・・・ というくらいのヤケクソで行った方がいいかも知れませんね。
>

たしか、ぜうすさんのビービーツリーも翌年から花が付いたそうです。
実生苗より、挿し木苗が早いようです。
翌年咲かせる予定で、ジャンジャン完熟鶏糞牛糞を。1袋100~300円ですから、安いもんです。


> こちら、今のところ鹿は居ませんがイノシシはすごいです。
> 一番いやなのがMMです・・・ マムシとマダニ・・・^^;

鹿はいませんでしたか?。
徳之島のイノシシは、ハブをたくさん食べてるんで、その肉は絶倫になるそうです。

四国のイノシシも蝮を食べてれば、きっと上肉ですよ!。
夜も眠れない、思わずあらぬ方へ手が伸びる。??。


No title

おはようございます。
今年 種蜂を5群持って行って、一つの分蜂も確認できずに全群が消滅した蜂場があります。
はっきりした原因は分りませんが、過密を嫌う日本ミツバチの習性が見え隠れしているように思います。
分蜂期にその兆候が顕著に表れますので、私は「分蜂障害」といっているのですが、蜂の方からすれば「分蜂抑制」なのかも知れません。
その蜂場にビービーツリーの実生の苗木を植えて観察しようと思っています。

感心がないというのは駄目なもので、最近やっとカラスザンショウの木が分かるようになりました。
ケンポナシは木と花では分りません。
実を見れば分かります、子供の頃によく甘い汁をすすりましたから。

イノシシはマムシが好物だそうで、イノシシが増えてマムシが減ったという話を聞きました。
でも、イノシシが行かないような崖の上には居るのですね。
今年は3回出くわしました。
シシ肉は結構もらいますが、そのせいかな・・ 朝〇します~ ^^

Re: No title

いよかんさん、こんばんは。


> おはようございます。
> 今年 種蜂を5群持って行って、一つの分蜂も確認できずに全群が消滅した蜂場があります。
> はっきりした原因は分りませんが、過密を嫌う日本ミツバチの習性が見え隠れしているように思います。
> 分蜂期にその兆候が顕著に表れますので、私は「分蜂障害」といっているのですが、蜂の方からすれば「分蜂抑制」なのかも知れません。>


分蜂が有りませんでしたか?。
日本蜜蜂は隣同士で何群いても気にしないのがいたり、横にくると嫌がるのがいたり、まったく変ですね。
山で分封すると他人の巣箱に入るので、分封期だけ自宅に持ち帰り、捕まえてから、また山に持っていく人もいたりしますね。



> その蜂場にビービーツリーの実生の苗木を植えて観察しようと思っています。
>

ビービーツリーの花は「2度」咲くようです。
なぜ2度なのか、今年、その意味が解りました。


> 感心がないというのは駄目なもので、最近やっとカラスザンショウの木が分かるようになりました。
> ケンポナシは木と花では分りません。
> 実を見れば分かります、子供の頃によく甘い汁をすすりましたから。
>
> イノシシはマムシが好物だそうで、イノシシが増えてマムシが減ったという話を聞きました。
> でも、イノシシが行かないような崖の上には居るのですね。
> 今年は3回出くわしました。
> シシ肉は結構もらいますが、そのせいかな・・ 朝〇します~ ^^


なんと、朝から、鎌首を持ち上げてましたか。
キャー、マムシが、と叫ぶ人がいませんでしたか。~~アッチャー。

プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。