スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜂児出し群・・完敗です

この2年間、蜂児出し群が改善できないかと
取り組んできたが、まったくの完敗です。

私の手に余る難題でした。

蜂児出しは一時的に改善できても、
その蜂群を正常な強群にすることは
出来ませんでした。


↓ 最期は逃去?

CIMG7972.jpg


 重箱のままの蜂児出し群は
その状態のままでは、日を置かずして
逃去する。

 巣箱を入れ替えて、越冬させる
ことまでは、昨年実験済み。

 回復したか?、と思わせるところまでは
いっても、また振出しに戻ってしまう。


↓ しかし

CIMG7971.jpg

今回の逃去群。

幼虫もなく、蜜もなく、
完全に計画的逃去と思われる。

前日から、なんとなく逃げ出しそうな
群としての雰囲気は感じられたが。


そもそも、
蜂児出し群は何の病気なのか?。

・サックブルード病・・・
  捨てられた蜂児にサック状のものはない。

・フソ病・・・・
  これだとアウト。
  近くに検査機関がない。

・環境の悪化・・・・
  証明は困難だろう。


さて、
どこか、どなたか、専門機関ででも
改善方法を研究してもらいたいところだが、
「日本蜜蜂」はいまのところ、単なる「昆虫」
扱いなのだろう。
いい話は聞かない。



↓ 秋深し、

落ち葉舞い散る季節です。

CIMG7962.jpg

  いつもながら、気になるのが
  今年の「野芝」の失敗です。

  木の陰となり、その日陰が大きくなると
  野芝の生育によくありません。

  来る年には、
  春から綺麗な芝にするために。

   メヒシバ、オヒシバの雑草部分を
   焼いておこう。



↓ 姫、走る

CIMG7964.jpg

  走るかと思いきや、
  ロープを張ってるところなんかを
  走れるかと怒ってるようです。 
  
   犬は走っても汗をかかない。
   それは身体の熱を、口から、ハアー、ハアーと
   出すかららしい。

   では、
   2階までの階段を昇っても、ハアー、ハアー、
   ゼエーと熱く口で息をする私は、なぜ汗を
   かく??。


↓ 健全群は


CIMG7969.jpg


CIMG7966.jpg


CIMG7967.jpg

 
CIMG7965.jpg

      蜂児出し群と
      健全群と、

       同じ地球上、同じ場所で何と見る?。


       

日本は超高齢社会も目前となって
来たようですね。

一時の成功体験の油断から
大きく後れをとり、さまざまな事象の
後退現象が出てきているようです。

まずは、
TPPの締結から、太平洋圏、
社会の動きも変わってくるでしょう。


地球はますます、小さくなっていくのは
間違いないんでしょうね?。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。