FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣枠式3段巣箱作成教室・・・・Ⅴ

絶好の秋日和、
いいお天気の日が続きます。

北の方では、木枯し紋次郎さんがやってきたり、
かなりの寒気で初雪もあったようですので、
その寒気もやがて南へ降りてくるんでしょうか。


そんな日曜日ですが、
巣枠巣箱の作成に集中してました。


↓ 枠組みを終えると



CIMG8010.jpg

天蓋をどの型にするかかんがえてました。

3枚天蓋も扱いやすいメリットがあるし、

CIMG8011.jpg

1枚天蓋も作成は楽チンだし、普通は
そうだし。

CIMG8012.jpg


↓ 結局は、
  両方を順に作っていくことになるのかなあ。


CIMG8014.jpg


   日本蜜蜂の
   最近の病気感染の状況はどうなってるん
   だろうか?。

    ・蜂児出し症候群
    ・アカリンダニ感染群

     アカリンダニは九州、四国にも
     上陸してしまったようだが、
     実態がどうなのかよく判らない。


     ただ、
     アカリンダニはある程度は
     防ぐ方法が見つかったので安心できる
     面もあるが、
     蜂児出しは依然原因はわからないままののか?。
     
     

     日本蜜蜂は
     病気に強いから飼いやすいとと言っていた
     養蜂グループさんもいたようだけど、
     今どういってるのか話を聞いてみたいと思うんだけど?。


とか、思いを巡らせながら、
巣枠を完成させていきます。


↓ 巣枠の完成

  ハトメをいれて、

CIMG8020.jpg

  針金を張り、

CIMG8021.jpg


  ホ式ラ式合体型巣枠の
  完成ですね。



CIMG8022.jpg



↓ 日長、真面目に遊んでると
  姫と哲に晩飯を
  やるのを忘れてました。


  姫が飯はまだかと怒ってます。

CIMG8015.jpg


   「哲、よしと言ってから」と云ったまま、
   「よし」というのを忘れてました。

CIMG8018.jpg

   哲、ふてくされてるようです。
   「いったい、どこに新しいものがあるというんで
   ございましょう。右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。」


    と言ってました?。・・・・・・かどうか。





    



         
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。