スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左押して、右上押さないで下押して

電波時計です。

CIMG8092.jpg

動力はソーラーですね。
このさいお値段のことはおいといて。
(ご想像通りです。)


雷鳴トドロキ、その瞬間に
時刻も日にちも曜日も飛んでいきました。

さて、
ねじまき式ですと、時分を合わせる
だけですから、うろたえることはない
でしょう。

この解説書なんて見たことないから、
何所にしまったかなんか覚えてませんね。

やっと、探し出して、
右上押して、下押して、左押して、
。。。。。。

ますます、地球の裏の時刻です。
とうとう動きをやめました。


で、じゃぽんネット〇かだに電話しました。


「ハイ、
左押して、右上押さないで、下押して。
以上で日本時間です。
ご利用ありがとうございました。」


エッ・・・・・何?。



↓ この時はどうしたか?


CIMG8096.jpg


  ほぼ使ってないカメラです。
  
かなり以前ですが、購入して
2~3回使って、シャッターが全く
動かなくないました。


キャノンサービスセンターへ問い合わせました。


「保証期間内はチェックが1万円です、往復の
送料を添えて、こちらへお送りください。部品交換は
別に料金を頂きます。」


しまった、キャノンなんか買うんじゃなかった。
深く反省し、それ以来ゴミになったままです。



↓ トヨタプリウス
  新型四WDです
      
もちろん写真はコピーです。

プリウス

 
ハイブリッドカーは、エコロジーか?。


新型四WDが販売されたと言うので
内容説明を見てまして、
もともと、ハイブリッドカーは省資源車
なのか、ますます疑問が出てきます。

この車は、後輪を別に電池を積んで
その電池モーターで回すようです。

ハイブリッド車
・廃棄する厄介な電池はどうするの。
・四駆車、さらに電池とモーター積んで
 そのゴミはどうするの。


トヨタと云えば、
「プリウス、アクア」のハイブリッドが
主力車のようですが、

これではゴミ生産車になってしまうんでは。
素朴な疑問です。

さらに、
後輪をごく小さい数馬力の電池モーターで
チョコット回すだけの車を「四輪駆動車」と
呼んでいいのか?。

自動車評論家を自称名乗ってる
人達がたくさんいますが、皆さん
トヨタにかなり気を使ってるようですね。


注:延期でしょうか。



↓ 2015は「安」の年でした

abesannno jimoji

「安全、安心が倍になって、
私の年でした。」 ・・・・



誰も言ってくれないんで、
自分で言ってましたか。     


           ・・・・・・・・・アッチャー。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

会社員を辞めてから腕時計を身につける機会がなくなり
所有していた腕時計は、今ではみんな電池切れです。

家内の時計の電池を交換する機会があったので、一番
気に入っていた自分のものも裏蓋を開けてみましたが
電池から白い粉が吹いていたので、そっと閉じました(苦笑)

新型プリウスの写真をこうやって改めて見ると、無駄ばかりが
目立ちますね。

ヘッドライトは小さな魚眼レンズなのに、それを入れている
ライトのケースの大きさたるや最近の日本車特徴です。
テールランプも然り。
取り外そうものなら片手じゃ持ちきれない大きさのプラの塊。
落として欠いてしまったら、板金と塗装じゃ直らず、それだけで
大損害です(笑)

ボディーの線を昔は鉄板を曲げたプレスラインなんて呼び方を
していましたが、石油をたっぷり使ったプラだらけのボディーには
無駄な線だらけで、流麗さと品を感じず。

これが一切の無駄の無い世界最高の艦上戦闘機零戦を作って
いた国のデザインなのかとガッカリ。
そういう魂は消えてしまったか。

エコの押し売りは勝手なんですが、20年前の鉄板だらけの
おまえのはもう古いからエコじゃない。早く乗り換えないと
温暖化とCO2の排出に貢献している分、税金を出せと言う
のは消費者の方に向けられるものなのか・・・。

地下水を汲み上げ過ぎて、地盤沈下になった時代があり、禁止
にしたら、今度はあり余り過ぎてしまっていますが、寒冷化とCO2
不足になるってことはないんですかね?

そのときはまたそのときの利権者が得意の知恵を絞るのかな?
(笑)

Re: No title

こんにちは。

> こんにちは。
>
> 会社員を辞めてから腕時計を身につける機会がなくなり
> 所有していた腕時計は、今ではみんな電池切れです。
>
> 家内の時計の電池を交換する機会があったので、一番
> 気に入っていた自分のものも裏蓋を開けてみましたが
> 電池から白い粉が吹いていたので、そっと閉じました(苦笑)
>


ネジ式が懐かしくなってます。
まったく自動では、まったく面白くありません。


> 新型プリウスの写真をこうやって改めて見ると、無駄ばかりが
> 目立ちますね。
>
> ヘッドライトは小さな魚眼レンズなのに、それを入れている
> ライトのケースの大きさたるや最近の日本車特徴です。
> テールランプも然り。
> 取り外そうものなら片手じゃ持ちきれない大きさのプラの塊。
> 落として欠いてしまったら、板金と塗装じゃ直らず、それだけで
> 大損害です(笑)
>
> ボディーの線を昔は鉄板を曲げたプレスラインなんて呼び方を
> していましたが、石油をたっぷり使ったプラだらけのボディーには
> 無駄な線だらけで、流麗さと品を感じず。
>

毎月一定のの台数を売っていかないと、会社が成り立たなくなるのも、
考えてみれば大変でしょうね。
利益を出すためには、無駄をイッパイくっ付ける。

オートマチックに、似非マニュアルレンジをくっ付けて、
自慢げに説明しなければならない営業も大変でしょう。
クラッチらしさが楽しめます、というのも変ですね。


> これが一切の無駄の無い世界最高の艦上戦闘機零戦を作って
> いた国のデザインなのかとガッカリ。
> そういう魂は消えてしまったか。
>
> エコの押し売りは勝手なんですが、20年前の鉄板だらけの
> おまえのはもう古いからエコじゃない。早く乗り換えないと
> 温暖化とCO2の排出に貢献している分、税金を出せと言う
> のは消費者の方に向けられるものなのか・・・。
>

> 地下水を汲み上げ過ぎて、地盤沈下になった時代があり、禁止
> にしたら、今度はあり余り過ぎてしまっていますが、寒冷化とCO2
> 不足になるってことはないんですかね?
>
> そのときはまたそのときの利権者が得意の知恵を絞るのかな?
> (笑)


比例代表ばかりが集まって、統一を話し合ってるようなもんで、
落ちもよろしいようでが多すぎる世の中です。
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。