FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛妻とドライブなら、暴走事故は防げたのに!

悲惨な自動車事故です。


umeda2.jpg
                     (大阪、コピー)


 
    車道から外れ、歩道を暴走か?。
   現場の地形、状況を知りませんので、
   推量する以外にはありませんが。
   
  

↓  もしも、愛妻とドライブなら、


一般国道を走る場合でも、
クルージングを
55km./hでセットしておく、


CIMG8328.jpg



 もちろん、
            セットする車速は55km/hでも
65km/hでも
            好みの速度でかまいません。



自車は勝手に55km/hで走りますが、

CIMG8329.jpg



前走車に追いつくと

CIMG8332.jpg


勝手にブレーキをかけて
スピードを落とします。


               このブレーキの掛かる
               タイミングが絶妙です。

CIMG8331.jpg


前走車の4~5mうしろの位置に
勝手に止まります。↓

CIMG8333.jpg


停止から再スタート。

ステアリングスイッチで再スタート
します。
クルージングはセットが維持されてます。


CIMG8335.jpg


全体の流れがスムーズになれば、
セット車速の変更も面白いようです。

CIMG8338.jpg
                   

           最初からセットする車速を
           速くしておくことも可能ですが、
           前走車が道を空けたときに
           一気に加速しますので、
           一般酷道(国道も)では低めのセットが
           いいようです。


これらの自車の走行状況は
センターパネルのディスプレイで
確認しながら走ることができます。

CIMG8336.jpg
                   ( ↑ 前走車追従画面)


              ・全車速追従クルージング
              ・定速クルージング


愛妻とドライブは
追従、定速クルージングを
楽しむことができますが、
ナント言っても、
「プリクラッシュブレーキ」機能でしょう。

緊急事態に運転手がブレーキ操作をしない
出来ないときに緊急避難をしてくれることです。



↓  愛妻とドライブ

あいさいと

緊急事態になる前に、
アシストしてくれるんであって、
運転はあくまで自身の責任で。


くれぐれも
緊急避難、停止のテストはしないように!!。

私もまだ、テストしたことはありません。・・・・・・?。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ドライバーと歩行者の両方にとって、とてもお気の毒な
事故になってしまい、お悔やみ申し上げます。

環境に優しいエコカーを代表する知名度No.1の車でしたが
人を守ることはできませんでした。

エアバッグは車内の人だけを守る装備であって、車外の人も
守ることができる可能性のある装備は、これだよね・・・とXVを
買った叔父との会話が思い出されます。

スバルの関係者でも宣伝でもなく、たらればになってしまい
ますが、プリクラッシュブレーキが装備されていて、作動して
いたらと思うと。

個人的にはキーレスが当たり前になった21世紀の車で、
モーターアシストなどは不要ですが、旧車にも唯一欲しいと
思える魅力のあるアシスト機構です。

Re: No title

こんばんは。


> ドライバーと歩行者の両方にとって、とてもお気の毒な
> 事故になってしまい、お悔やみ申し上げます。
>
> 環境に優しいエコカーを代表する知名度No.1の車でしたが
> 人を守ることはできませんでした。
>

プリウスでしたか、どうもそのような形だなとは思いましたが。

最近のプリウス、売りの合言葉が、排気量アップ、燃費アップ、思いのままの走りを
楽しんでと、盛んに言ってました。
走りのすごいのはよくわかりましたが、どう解釈すべきか?。


> エアバッグは車内の人だけを守る装備であって、車外の人も
> 守ることができる可能性のある装備は、これだよね・・・とXVを
> 買った叔父との会話が思い出されます。
>

16年~17年にモデルチェンジがあるともっぱらです。
アイサイトVER4が出る予定らしいんで、どのように変わってるか興味あるところです。


> スバルの関係者でも宣伝でもなく、たらればになってしまい
> ますが、プリクラッシュブレーキが装備されていて、作動して
> いたらと思うと。
>

国道の杉林があるところのカーブで、5~60m先に薄暗い大木が数本あると、
警報が出て、ブレーキがかかります。
すぐに解除になって車は、少し恥ずかしそうに走ります。
実際に、気にぶつかりそうなときに、ほんとに止まるかどうか?。


> 個人的にはキーレスが当たり前になった21世紀の車で、
> モーターアシストなどは不要ですが、旧車にも唯一欲しいと
> 思える魅力のあるアシスト機構です。

試してみたいところですが、
試しても、どうと云うこともなさそうですので。
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。