FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のお仕事も、そろそろお終いに!

今朝まで寒かったのに、あっという間に
初夏のように気温上昇。


こうなると、冬のお仕事はやってられない。
そろそろお終いにしないと。

↓  最終章

CIMG8350.jpg

       中途半端の太さだと、
       斧では割れず、楔を打ち込んで、
       ハンマーでたたいていかねばならない。

       アホラシイ作業の繰り返し。

CIMG8351.jpg


 ↑ 積みあがっていくのは、気持いいもんだ。↓


CIMG8352.jpg



↓ 車の世界

ハイブリッド車には、あんまり興味なかったと
言うか、縁が有りそうになかったと言ったほうが
正しいと思うが、
世の中、色々と進歩してるんですね?。

 プラグインハイブリッド ↓

toyota.png

   まだまだ、電池、電気モーターだけでは
   走れない、走る距離が少ないんで、
   しかし、なんとかしてガソリンの減りを
   少なくしょうと努力してるみたいですね。


これまで
ハイブリッド車が、シェアーを拡大してきたには
ガソリン価格の高騰もあったし、
エコロジーもあったかも。

最も大きかったのは何だろうか。

やっぱり、減税かな?。
政府を味方に付けたことに尽きるかも?。


↓ 車の特性をだすには

ハイブリッドでも
ガソリンの減りを少なくする、これでお得感をだす、
しかし、、
これのみに集中しない方法はないか。


kuruma2tu.png

  ↑ ハイブリッド        ↑ガソリン車
  ↓                ↓

haiburiddo.png

スバルXVですが、まったく同じ外装。
ハイブリッドにしても、燃費が格別に
伸びているわけではない。

価格差・25万円、減税分をいれて。

このようなハイブリッド車の場合、
この車の売りをなんにする、どうするか?。

カタログによれば、・・・・・・・・・
と、云って、アタシにはほぼわかりません。




ハイブリッド車といえば、
プリウス、アクアが
販売数ダントツと云ってもいいんでしょうか。

また、ホンダさんもハイブリッド車に
一段と力を入れているように見えますが
車の世界、今後どのようになっていくんでしょうか?。


↓、それにしても、面白現象


頑張ってますね、トランプさん。

ととさん

    かならず、冠が付きます
    「不動産王」。


      世界2位の経済大国・日本を
      なぜ、アメリカが守らねばならないんだ?。

      (2位は大昔のお話、いまは、19位です?。)


一番喜んでいるのは、このお方。 ↓

okimawadesu.png

    いつも言ってます。
    本土目線、・・・・・・・・・
    本土人は沖縄県民を馬鹿にしている。
                           
   もうその心配はいりません。
   トランプさん、大統領の暁には
   米軍は日本から、撤退だそうですから。


翁長さん、トランプさんの応援に。。。。

ところで、
沖縄って日本のどの辺だっけ????。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
彼岸も近づき、三寒四温が始まっています。

XVのハイブリッドって、燃費狙いよりも売りは走行性能の
充実化(上質化)のようですね。
スバルらしい発想と言うか。
とは言え、乗ったこともないのでわかりませんが。

スバルも天下のトヨタの傘下に入っているので、本格的に
ハイブリッドに参入しようと思ったら、あっと言う間でしょう。

学生時代に内燃機関を専攻して学びましたが、水を燃料
にして走るエンジンなんてありましたが、リサイクル率100%で
タンクには水を入れるだけとかって、まさに世の中、これで
いいじゃんみたいな夢のような仕掛けでおもしろいなぁと
思いました。

電気と言えば、原油から原発まで山ほど利権のある世界
なので、夢のような仕掛けは葬られたって言うのが噂なのか
本当なのかは???

日本ミツバチ

こんにちわ
初めまして
こちらか突然すみません
日本ミツバチを一群譲って頂ければと思いご連絡させて頂いております
詳細お伺いしたいです
宜しくお願いいたします

Re: No title

ぜうすさん、こんにちは。


> こんにちは。
> 彼岸も近づき、三寒四温が始まっています。
>
> XVのハイブリッドって、燃費狙いよりも売りは走行性能の
> 充実化(上質化)のようですね。
> スバルらしい発想と言うか。
> とは言え、乗ったこともないのでわかりませんが。
>

2000ccの車なら普通に走るでしょうに、どのようにして車輪にパワーを加えるのか、
なかなかに興味あるところですね。
カーブで片側だけ回して、先へ行かせるとはやくまわる?。



> スバルも天下のトヨタの傘下に入っているので、本格的に
> ハイブリッドに参入しようと思ったら、あっと言う間でしょう。
>

ハイブリッド電池で多く走るようになると、エンジンが温まる暇がなくて、
冷暖房が効かなくなるというのは本当でしょうか。
プリウスに乗ったことがないんで。
夏は冷房が効かないので、エンジン調整が必要、で、結局はガソリンがたくさんいる?。



> 学生時代に内燃機関を専攻して学びましたが、水を燃料
> にして走るエンジンなんてありましたが、リサイクル率100%で
> タンクには水を入れるだけとかって、まさに世の中、これで
> いいじゃんみたいな夢のような仕掛けでおもしろいなぁと
> 思いました。
>
> 電気と言えば、原油から原発まで山ほど利権のある世界
> なので、夢のような仕掛けは葬られたって言うのが噂なのか
> 本当なのかは???


ホントの技術開発は自分でできるが、中途半端なものは国会にたよる、それが儲かるということなんでしょうか。

Re: 日本ミツバチ

otaさん、こんにちは。


> こんにちわ
> 初めまして
> こちらか突然すみません
> 日本ミツバチを一群譲って頂ければと思いご連絡させて頂いております
> 詳細お伺いしたいです
> 宜しくお願いいたします


お問い合わせありがとうございました。

残念ですが、この2年ほど当地では「蜂児だし」症候群があり、
ミツバチはお譲りできません。

回復に努めてきましたが、いまひとつ原因がわからず難儀してます。
蜂児出しは春の分封後にすぐに症状が出るもの、夏過ぎて蜂群が大きくなって出るもの、越冬前になって出るもの等、
色々のパターンが有ります。
また、感染すると思われる場合と、そうでない場合と、事前に区別することができません。

栄養食を与えることで少しは改善しますが、完治させることは難しいようです。
そんな蜂群は蜂児出しをやめても逃去を繰り返したり、一定規模以上に大きくなりませんので、
山中で自然群を捕獲されることをお勧めいたします。

No title

ご返答有り難う御座います
私は福岡で趣味で養蜂をしておりますが
同じくー
ここ数年は蜂児出しに悩まされております
他にも逃避ですとか、、
dd foodとかいう、蜂群健勢飼料なる、栄養食を与えたり
色々と試行錯誤はしたのですが
巣箱は空き屋状態が続いております
似たような現象は、各地で起きているのですね。

お差し支えなければ
周りに蜂ともだちがおりませんもので、
色々とこの件についてや、蜂について、詳しくお話が聞けたらと思います。
ご迷惑でしたら、スルーしてください。
一方的にすみません。

Re: No title

> ご返答有り難う御座います
> 私は福岡で趣味で養蜂をしておりますが
> 同じくー
> ここ数年は蜂児出しに悩まされております
> 他にも逃避ですとか、、
> dd foodとかいう、蜂群健勢飼料なる、栄養食を与えたり
> 色々と試行錯誤はしたのですが
> 巣箱は空き屋状態が続いております
> 似たような現象は、各地で起きているのですね。
>
> お差し支えなければ
> 周りに蜂ともだちがおりませんもので、
> 色々とこの件についてや、蜂について、詳しくお話が聞けたらと思います。
> ご迷惑でしたら、スルーしてください。
> 一方的にすみません。


こんにちは、

蜂児出しには悩まされますね。

恐らく、他群に感染するんだろうと思いますが、
不思議なことに、同じ場所で、元気な群がいることです。

感染しないのは何故か?。

10年くらい前にも、蜂児出しが発生して、全滅したことがありましたが、そのご
何にもなかった時もありますから、経年で状況が変わってくるのかもしれません。

電解水、強酸性水、乳酸菌などで、一時的によくなったように見える時もありますから、
またまた、不思議です。

No title

こんにちわ。
コメント読ませてもらいました。幼虫出しの巣箱をそのままつかっていいものでしようか。もし、消毒となれば水洗い程度でよいのでしょうか。
それと、他の一群が二日で全滅しました。巣箱の下や、出入り口に沢山の死骸があり、びっくりしました。これはどんな病気何でしょうか、わかれば教えてください、宜しくお願いします。去年の夏過ぎのことです。

Re: No title

otaさん、

> こんにちわ。
> コメント読ませてもらいました。幼虫出しの巣箱をそのままつかっていいものでしようか。もし、消毒となれば水洗い程度でよいのでしょうか。



申し訳ありません。
蜂児だしの原因が何のか、わたしにはわかりません。
サックブルード病菌が、あるいはフソ病菌が見つかったという結果もあるようですが、
これでしたらいまの蜜蜂には救いようがないようです。

いろいろとテストされてる方もいるようですが、まだ不明のことだらけでしょうか。


> それと、他の一群が二日で全滅しました。巣箱の下や、出入り口に沢山の死骸があり、びっくりしました。これはどんな病気何でしょうか、わかれば教えてください、宜しくお願いします。去年の夏過ぎのことです。


日本蜜蜂の病気を救う薬はないんではないでしょうか。
あれがいい、これがいいという話は聞きますが、一時的改善でしょうか。
そもそも感染するのかしないのかもわかりません。
アカリンダニは接触感染するそうです。

プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。