スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心筋梗塞からの復活

 ドクターヘリで緊急に入院してから
2か月が過ぎ、症状もそれなりに
よくなって、
それまでとおんなじような生活に
戻ってます。


↓  心筋梗塞

 210.jpg
 

 心筋梗塞、脳梗塞、ガンなど命と相談次第の
こともたくさんありますが、
一番にいいのはこれらのことは
何にも知らないことですよね。


すぎてしまえば、
「○○さん、私は救急救命医の✖✖です、私の
声が聞こえたら、手をしっかり握ってください。」
、 懐かしく思い出します。

そうか、あと少しで、三途の川を渡るとこ
だったなあ?。・・・?。


さて、
三途の川を渡り損ねて、
これからどうする?。・・・・・・?。



↓ デッドニング

最近、デッドニングを知りました。

その昔、バイクに乗ってる頃は、
逆にマフラーを短くしたり、抜いたりして
音を遊んでましたが、
車ではその逆をやるんですね。


CIMG8992.jpg


↓ DVD

車のボディを分解したことが
ありませんので、
オーバーな言い方をすれば、
一から学ばないといけません。


そもそも、
スペアタイヤがディーラーオプションで
存在しているのを知ってしまった以上は
ほっとけなくなりました。


CIMG8988.jpg

いいDVDがあるんですが、内容が
自分の分解したいところと一致してない
ほうが多いのが、ご愛敬です。


CIMG8984.jpg

CIMG8986.jpg


前バンパー、グリルもなんとも小さいクリップピン数本で
止めてるだけなんですね。
 これで、100k/Hで高速を走り回ってるんですから、
人間恐ろしいことを平気でするもんですね。

 

CIMG8987.jpg


それにしても、
最近の車は「エンジン」部分は
素人さんは触らないでください、
ということのようです。

そこで、
触るとこがないんで、前方、後方
上や下を触るしか、仕方ないということでしょうか?。


どこを、どう触るか、
それを見つけるのもまた楽しと
したいもんです。
       ・・・・・・・・・・・・・・・。?





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

術後の回復も順調なようで何よりです。
川を渡らせてもらえなかった分、レガシーをレボリューションしたツーリングカー(LEVORG)でスバリストを楽めますね。

何でもそうなんでしょうけど、デッドニングも奥が深かったですね。
同じスピーカーを鳴らしても国産車と欧米車では鉄板の厚みの違いがあり、それだけでも別物のスピーカーのようでした。

若い頃はやかましい音が心地よくて速くていいと思うんですが、歳を重ねて行くと、静かなものに惹かれて行くようです。
いい感じに枯れて行っている自分に気づかされます(笑)

最近の車は、まず取り付けにネジ(ボルト)って概念が少ないですね。
大抵、ファーストクリップか、ハメ殺しになってしまっていて、何とかしてはずしてやろうと強引に行くと、パキッと言う音とともに、数箇所は取付不可になったまま放置です。

バンパーなんてのもPPでできたペラペラのカバーの類の解釈ですから、止まっているところを落し物を探すかのごとく見つけているだけで面倒で。
今はライトのバルブ交換だけでも、ここまで手に擦り傷を作りながら他の部品をはずさないとできないの?って言うのが当たり前になりましたね。

Re: No title

ぜうすさん


> こんにちは。
>
> 術後の回復も順調なようで何よりです。
> 川を渡らせてもらえなかった分、レガシーをレボリューションしたツーリングカー(LEVORG)でスバリストを楽めますね。
>

声が聞こえますか?、ご親族の連絡先わかりますか?、などを聞かれてると、
三途の川も近いんだと実感してきますね。
でも不思議と気がすっと抜けていくのが気持ちのいいのが実感できます。




> 何でもそうなんでしょうけど、デッドニングも奥が深かったですね。
> 同じスピーカーを鳴らしても国産車と欧米車では鉄板の厚みの違いがあり、それだけでも別物のスピーカーのようでした。
>
> 若い頃はやかましい音が心地よくて速くていいと思うんですが、歳を重ねて行くと、静かなものに惹かれて行くようです。
> いい感じに枯れて行っている自分に気づかされます(笑)
>


デッドニングとは言いましたが、
私のは、音は音でも、ロードノイズのほうですね。
これに、こだわってみたいと思ってます。




> 最近の車は、まず取り付けにネジ(ボルト)って概念が少ないですね。
> 大抵、ファーストクリップか、ハメ殺しになってしまっていて、何とかしてはずしてやろうと強引に行くと、パキッと言う音とともに、数箇所は取付不可になったまま放置です。
>
> バンパーなんてのもPPでできたペラペラのカバーの類の解釈ですから、止まっているところを落し物を探すかのごとく見つけているだけで面倒で。



ネジがあれでいいのかなんて思うことが、すでに時代についていけないということでしょうか?。




> 今はライトのバルブ交換だけでも、ここまで手に擦り傷を作りながら他の部品をはずさないとできないの?って言うのが当たり前になりましたね。
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。