いまどきスペアタイヤがいるか?

ディーラーに注文していたスペアタイヤが
届いた。


↓ スペアタイヤ

CIMG9026.jpg

  スペアタイヤといっても、間に合わせ
  タイヤである。

  昔のように、走行用と同じものを
  積んどいて、距離で交換して使おう
  という代物ではない。

   日本三大秘境の農的世界文化遺産地域に
  すむならばこその必需品?である。

  

ただ、
スペアタイヤは積んでいても
ジャッキの使い方がわからないでは
意味がない。 ↓

CIMG9033.jpg



↓ トランクのデッドニング


 ラゲッジルームのスペアタイヤの
 保管部を三層のシールを貼ってみる。

   ・ 制振シール
   ・ 吸音
   ・ 遮音

  ラゲッジルームの床下は鉄板むき出しで
  防音化が全くのゼロ地帯である。


  レクサス、クラウンあたりだと、かなりの
  静音化対策がされていると思うが、
  我が愛車は走れ走れコウタロウの仲間なんで、
  仕方ないか?。

  その前に
   高級車に失礼でした。



  堪え難きを堪えよう。


CIMG9030.jpg


   たぶん、鉄板の上から遮音シールなどを
  貼っても車全体への静音効果は
  ほぼ、限られてくるような気がするがどうだろうか?。

  効果があると
  思いたいところに
  金をかける・・・・この精神性が
  ・・・・・・・・・・。・・・。?
  



固定用のネジ ↓  

CIMG9031.jpg


↓ スペアホイールタイヤ

  手ぬぐいをかぶせて、お寝んねしてもらう。
  現実には
  使うことがないことを祈りたいものだ。



CIMG9034.jpg




ルーム用カバーをしておしまい。↓

CIMG9038.jpg


↓  スペアタイヤキッドと
   パンク修理キッド

CIMG9039.jpg

   日本人の中で、
   スペアホールタイヤを使うものが
   何人いるだろうか?。

   ただ、
   メーカーがオプションでセットを
   作ってるということは、要望もあるということかな?。


http://yasuoyhttp://yasuoyoko.blog.fc2.com/oko.blog.fc2.com/
     
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

車内静穏化の大人仕様工事の方、だいぶ捗っておられますね。

振動からくる鉄板の共振を抑えて吸音するだけでも、ずいぶん変わってくる思います。
ワゴンや1BOXはまさに箱で、太鼓の中や能の床下にいるようなもんですから。

徹底的にやる人はフロント周りから入る音も抑えるために運転席から助手席のフロアまでやったりしますけど、上見て切りなし・・・。

音は周波数の山と反対側の山を当てると消えてしまうことを利用して、わざと音を出して消すなんてことを昔、どこかの自動車メーカーがやったような気がしました。
エンジンで言うところのバランサーシャフトみたいなもんでしょうか。

私が所有している車は20世紀の産物なので、しっかりとしたまともなタイヤが腹の下にぶらさげています。
クルクル回して地面に降ろして、引っ張り出すだけでもひと苦労で、今や誰もやりたがらないでしょうね。回す棒をどこに入れて使うのかすらわからないのでは?

かつて、フェンダーミラーのオプション設定やそこそこの高級車にも5Fミッション設定もありましたが、今はもう消滅しているので、テンパー仕様のスペアタイヤもいずれ消滅で、コストダウンと軽量化に貢献?

次の試乗は耳栓をはずすのをお忘れなく(笑)!

Re: No title

ぜうすさん

> 車内静穏化の大人仕様工事の方、だいぶ捗っておられますね。
>

ラゲッジルームとリアハッチを終わって、250kmほど走ってきましたが、
さっぱりわかりません。
レヴォーグは高速道で100k/hで走ると、とても静かに走ることがわかりました。
80k/hではロードノイズが大きくなります。


> 振動からくる鉄板の共振を抑えて吸音するだけでも、ずいぶん変わってくる思います。
> ワゴンや1BOXはまさに箱で、太鼓の中や能の床下にいるようなもんですから。
>

> 徹底的にやる人はフロント周りから入る音も抑えるために運転席から助手席のフロアまでやったりしますけど、上見て切りなし・・・。
>

この車はサイドシルがとても大きくて、無理に横に張り出してますので、この裏側に
吸音材を張り付けてみようと思ってきました。

サイドシルから、Bピラーに音が伝わって、車全体がうるさい音になってるんでしょうか。


> 音は周波数の山と反対側の山を当てると消えてしまうことを利用して、わざと音を出して消すなんてことを昔、どこかの自動車メーカーがやったような気がしました。
> エンジンで言うところのバランサーシャフトみたいなもんでしょうか。
>

悩むときりがありません。サプリメントみたいなもん
でしょうか。




> 私が所有している車は20世紀の産物なので、しっかりとしたまともなタイヤが腹の下にぶらさげています。
> クルクル回して地面に降ろして、引っ張り出すだけでもひと苦労で、今や誰もやりたがらないでしょうね。回す棒をどこに入れて使うのかすらわからないのでは?
>
> かつて、フェンダーミラーのオプション設定やそこそこの高級車にも5Fミッション設定もありましたが、今はもう消滅しているので、テンパー仕様のスペアタイヤもいずれ消滅で、コストダウンと軽量化に貢献?
>


> 次の試乗は耳栓をはずすのをお忘れなく(笑)!


車の静音化対策には、これ以上の対策はないかもしれません。
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト