スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUBARU STIドローステフィナーからの生還

STIフレシキブルタワーバー。
   〃      ドローステフィナー。

興味のないお方には
なんじゃそれってというお話です。


   結論を先に言いますと、

 ↓ ディーラーに、

タワーバーと

CIMG9056.jpg

ドローステフィナーの

CIMG9052.jpg

  装着をお願いしました。

さて、
ここから問題が発生してくるんですが、
↓ 下の写真のように、
ドローステフィナーが綺麗に装着されて
既存のアームも元の状態に戻っているはずなんですが、

           (本来の形)
CIMG9051.jpg

なぜか、既存のアームが ↓ このように
装着されずに、元に戻されることなく
忘れ去られていました。


CIMG9046.jpg

   40~50cmのアームの左右がネジナットで
   ボディに取り付けられていなければなりませんが、
   一方が締め忘れ去られてます。
   
  宙ぶらりんに浮いてぶらぶらしてます。


↓ この状態って、
  どういうことなのか?


CIMG9059.jpg

  ひょっとして、メーカーの絵から推測するに
  フロントサスペンションが固定されていない?、
  


 ディーラーはそんな恐ろしい状態で
 車を引き渡したのか?。



↓ では、
  納車された車がそんな状態である ↓ のにどうして、
  きずいたか?


CIMG9047.jpg


知らないということは恐ろしいことなんですね。

ビルシュタインの足になじむためにすでに
1500kほど
試走を繰り返してました。
2~3000kまでは走りがなじみませんよとの
ことを聞いてましたから。


CIMG9060.jpg

変だと思ったこと。

・ 高速道で
  車線中央維持が安定しない。

・ 120k/hを超えると、
  後ろ車輪が横滑り、浮き上がるような
   動きがある。

・  カツン、コツンと音がする、
   気のせいと思っていた。

・  サイドシルのところに
    もっと、静音テープを貼るところはないか。
    

そんなこんなを写真を撮って確認しよう。

            。。。。。。・・・・・。

ひょっとすると、
きずくのがあと少し遅いと
あたしは、車もろとも空中分解?。・・・・・・?。


こんな車で事故ったら、責任はどこに?、
運転手、ディーラー?。・・・・・・?




最近、三途の川を渡りそうになることが
続きますね?。
        ・・・・・・・・・・・・・。・・・・・?。

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あらら・・・これはひどいですね。
1500kmも走行、ご無事で何よりでした。
フレームのメンバーからロワアームピボットあたりを
繋いでいる部品に見えますね。
タワーバーやドローステフィナーの効果を感じる以前の
問題のようで。

ストラットの足周りですから、ロワアームのスイング側
ピボットが外れなければ、走ることはできるでしょうけど
柴とみつばち様のロードインプレッションどおりでしょう。
でも、怖いですね。フロント足周りがやられているのは。

警察も自爆に関しては事故調のやる気もないんで、仮に
事故を起こしていたら、前から逝ってしまうと思うので
もはや、ここが原因だったことは闇に包まれ、ハンドル操作を
誤ったとか、持病があったとかに転換されてしまっていたのでは?

私もT社からリコールが出たので、ディーラーで部品交換を
してもらったら、余計に走らなくなり、おかしいと言って、再度
確認してもらったら、誤組み付けが原因でした。

最近は試走とかしないんでしょうかね?

そもそも最近のメカ屋さんは、仕組みすらわからず、マニュアル
ありきで作業されているようで、疑問も探求も持たないようですしね。
ガソリンスタンドのお兄さんにもディーゼルの車にプラグ交換を
勧められました(笑)

二度あることは・・・何とかなので、どうぞ三途の川を渡らぬ様
ご用心下さい。

Re: No title

ぜうすさん



> あらら・・・これはひどいですね。
> 1500kmも走行、ご無事で何よりでした。


愛妻とはともに学修するものと思ってました。


> フレームのメンバーからロワアームピボットあたりを
> 繋いでいる部品に見えますね。
> タワーバーやドローステフィナーの効果を感じる以前の
> 問題のようで。
>


それにしてもよくぞ、自分で気づいたもんです。


> ストラットの足周りですから、ロワアームのスイング側
> ピボットが外れなければ、走ることはできるでしょうけど
> 柴とみつばち様のロードインプレッションどおりでしょう。
> でも、怖いですね。フロント足周りがやられているのは。
>

足回りがやられてませんかと、工場長に言いましたが、
走った限りでは悪くないそうです。

工場側社員の間違いです、すいませんというばかりです。

すいませんすいませんばかりで話にならないんですが、
どうにも手の打ちようがありません。


> 警察も自爆に関しては事故調のやる気もないんで、仮に
> 事故を起こしていたら、前から逝ってしまうと思うので
> もはや、ここが原因だったことは闇に包まれ、ハンドル操作を
> 誤ったとか、持病があったとかに転換されてしまっていたのでは?
>

三途の川一歩手前が続きます。


> 私もT社からリコールが出たので、ディーラーで部品交換を
> してもらったら、余計に走らなくなり、おかしいと言って、再度
> 確認してもらったら、誤組み付けが原因でした。
>
> 最近は試走とかしないんでしょうかね?
>
> そもそも最近のメカ屋さんは、仕組みすらわからず、マニュアル
> ありきで作業されているようで、疑問も探求も持たないようですしね。
> ガソリンスタンドのお兄さんにもディーゼルの車にプラグ交換を
> 勧められました(笑)
>


エンジンに触るところがないんで、社員も工夫の余地がなく、面白くないんですね。
いきなり、メキシコに工場を作って、ブランドの車が生産できてしまう時代です。

> 二度あることは・・・何とかなので、どうぞ三途の川を渡らぬ様
> ご用心下さい。

三途の川が知被きます。


車屋さんも、メーカーはメーカーで、ディーラとは全く別物と
責任を持つところがありませんね。
事故を起こした後でも知らんぷりでしょうから、このはなしなんか、どこへ
持っていけばいいんでしょうか?。




Re:Re: No title

> それにしてもよくぞ、自分で気づいたもんです。

1500kmのビル足の慣らしとデッドニング処理が功を奏しました。
明らかに工場長よりも優れた五感です。
ドクターヘリに運ばれた方とは思えませんね。


> 足回りがやられてませんかと、工場長に言いましたが、
> 走った限りでは悪くないそうです。

すでに職人の感性も退化してしまったか・・・。

昔はボルトの手締めでの勘も素晴らしいもんでしたが、トルク
レンチでの仕事を覚えると、ボルトサイズに合った工具とトルクの
勘も退化して、バカでかいモンキーを使って、ネジ切るまで締め
込んでしまったりするそうですよ。
製品のバラつきはなくなりますが、人の能力もなくしますね。


> 三途の川が知被きます。

今度はECUのリコールが出たみたいですね。
すでに発火事故も起きているとか。
対象製造時期が違いそうですね。


> 車屋さんも、メーカーはメーカーで、ディーラとは全く別物と
> 責任を持つところがありませんね。
> 事故を起こした後でも知らんぷりでしょうから、このはなしなんか、> どこへ
> 持っていけばいいんでしょうか?。

責任の所在が求められる時代ですからね。
豊洲と同じように擦り付け合いでしょう。

でも、これはスティフナーを取付を担当した部署とその責任者に
問題がありますよね。

軽量化に貢献するアルミのロワアームが災いして、コーナーを
抜けていく最中にフロント足周りから逝ってしまったら、さすがの
アイサイトでもノーコンで三途の川にまっしぐらです(怖)

Re: Re:Re: No title


ぜうっさん。

> > それにしてもよくぞ、自分で気づいたもんです。
>
> 1500kmのビル足の慣らしとデッドニング処理が功を奏しました。


ロードノイズに、何か変な音を感じ取ったんでしょうか。
ぶら下がった「アーム」の細かに震える音?。



> 明らかに工場長よりも優れた五感です。
> ドクターヘリに運ばれた方とは思えませんね。
>
>


なにしろ、三途の川での、あの橋のたもとの生活が長いもんですから、ピンピンと
感じ取るものがあります?。


> > 足回りがやられてませんかと、工場長に言いましたが、
> > 走った限りでは悪くないそうです。
>
> すでに職人の感性も退化してしまったか・・・。
>

ディーラーの工場長ですから、それ以上のことは?。
「換わりにこの新車持って行っていいよ。」とは言ってなかったようです。

ただ、ホントにサスペンションにねじれが来てないか心配です。
心配しても手の打ちようがないけど、心配です。



> 昔はボルトの手締めでの勘も素晴らしいもんでしたが、トルク
> レンチでの仕事を覚えると、ボルトサイズに合った工具とトルクの
> 勘も退化して、バカでかいモンキーを使って、ネジ切るまで締め
> 込んでしまったりするそうですよ。
> 製品のバラつきはなくなりますが、人の能力もなくしますね。
>
>
> > 三途の川が知被きます。
>
> 今度はECUのリコールが出たみたいですね。
> すでに発火事故も起きているとか。
> 対象製造時期が違いそうですね。
>
>

まだ、聞いてないようです?。
どんな事故?。





> > 車屋さんも、メーカーはメーカーで、ディーラとは全く別物と
> > 責任を持つところがありませんね。
> > 事故を起こした後でも知らんぷりでしょうから、このはなしなんか、> どこへ
> > 持っていけばいいんでしょうか?。
>
> 責任の所在が求められる時代ですからね。
> 豊洲と同じように擦り付け合いでしょう。
>
> でも、これはスティフナーを取付を担当した部署とその責任者に
> 問題がありますよね。
>
> 軽量化に貢献するアルミのロワアームが災いして、コーナーを
> 抜けていく最中にフロント足周りから逝ってしまったら、さすがの
> アイサイトでもノーコンで三途の川にまっしぐらです(怖)


車の鉄板のなんと薄いことか、
しかも、ボディに「押しピン」で止めてあるだけですね。
外すのに、べりべりっと剥がすだけですから。
発泡スチロールと段ボールで作ったほうが、強度がありそうです。




No title

ぜうすさんへ。

ECUのことわかりました。
全く知りませんでしたけど、リコールでてるんですね。

2016の10月製造までのようです。
私のは2017の1月納車なんですが、該当するということはあるんでしょうか。

もともと、サスペンションのアームなしで1500kmも走ってますから、多分にガタが来てると思います。
来てないとみるのは感覚がにぶいんではと?。

かくっと、興味が薄れていくのを感じてしまいます。

Re: Re: Re:Re: No title

こんにちは。

> なにしろ、三途の川での、あの橋のたもとの生活が長いもんですか> ら、ピンピンと
> 感じ取るものがあります?。

人も単に動物のうちなんで、感性と勘はギリギリを経験するほど
研ぎ澄まされるようになるようです。



> ディーラーの工場長ですから、それ以上のことは?。
> 「換わりにこの新車持って行っていいよ。」とは言ってなかったようで> す。

本件の事象で何も対応がないと言うのもおかしな話ですね。
フロントの足周りはデリケートだし、何かあったら進行方向や制御
不能になればおしまいです。

最低でもアライメントテスターにかけて、アライメントが正常値に
なっているかの診断結果を提出するぐらいのことはやって欲しい
ですね。

1月納車の新車ですし、ならば、問題があった側のロワアームと
ビルシュタイン一式ぐらい交換してもらっても罰は当たらないと
思いますが。

オプション部品だけ注文して、DIYで取り付けする方もいますが、
そういう場合は自己責任なので論外ですが、本件の場合は
明らかに違うわけで、決してクレーマー扱いになるような話では
ないのでは?


> ただ、ホントにサスペンションにねじれが来てないか心配です。
> 心配しても手の打ちようがないけど、心配です。

幸か不幸かアッパー側のショックのマウントはタワーバーが面圧を
かけていたと思うので剛性はあったと思います。
仮に事故をして当ててしまうと、逆にタワーバーが災いして
反対側もやられてしまうときがあるんですが・・・。

ロワ側は高速から山道を1500kmを不安定なままの状態で
走行しているので、繰り返し疲労があったとしても、金属部品に
著しい問題までは到達していないと思いますが、各部に
入っているブッシュ関係は、当然、通常使用しているよりは
負担はかかっているので、現時点で通常に使用されていた
状態ではないブッシュではありますよね。

もちろん、使用許容範囲内ではあると思いますが、購入されて
間もない新車にケチが付いたみたいだけでも充分に気分も
悪いし、不安感だけでも嫌なもんです。


> 車の鉄板のなんと薄いことか、

曲げて絞りまくった薄い鉄板を貼り合せしてスポット溶接で
剛性アップとクラッシャブルの手法ですからね。
運動性能と燃費に特化させるため軽量化は必須事項で。

以前、お乗りになっていた米国産の方はドアすら蔵のような
扉のような重さを感じたのでは?


> 2016の10月製造までのようです。
> 私のは2017の1月納車なんですが、該当するということはあるん> でしょうか。

ディーラーからリコール通知が届いていなければ、対象外の
はずですが、メーカーのHPに車体番号の方で公表されているかも
しれないですね。


> かくっと、興味が薄れていくのを感じてしまいます。

わかる気がします。ときめきも薄れる感じが漂うので。

No title

ぜうすさん。


きょう、ディーラーへ行ってきますね。
どこまで部品を替えてくれるかとても興味のあるところです。

なにしろ動脈が切れて心臓に正常につながっていない、途中でぶらぶらしてる、これって私と同じ心筋梗塞状態ではないでしょうか。

「心筋梗塞レヴォーグ」、持ち主が心臓病なら、車も心臓病ですから
こっちのほうがネタ話になりそうです。


「私、心筋梗塞レヴォーグに乗ってます。」・・・・・これ行けそうです??。
プロフィール

柴とみつばち

Author:柴とみつばち
「あすの朝、目が覚めるとは限らない」この身の上。              きょうはきょう、明日はあしたの風にまかせます。
 こんな青春?でいいのかと、反省だけならすぐできるとまた反省する日々。                         

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゲスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。